ホーム > ニュース > たろす通信

Twitterする

タイトル

『第13通目』タルタロスの歴史 カレンダー編5

日付

2014-10-10

閲覧数

5897



みなさんこんにちわ!GM横の人(@TR_GMyokonohito)です。
 
公開が大変遅れてしまい申し訳ございません。
9月26日より、タルタロスの"エラシウムカレンダー"では新たな月に移り変わりました。
恒例の『たろす通信 カレンダー編』を公開いたします!
 
"エラシウムカレンダー"ってなに?と思った方は、
タルタロスの歴史 カレンダー編を読んでみてください。
 
 
ペリオの月の次にくるのは、テジャスの月となります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
テジャスの月 (タルタロスカレンダー9月27日〜10月21日 現代9月26日~10月21日)
魔法の神テジャスの月。 
風が突然吹き荒れたり、激しい雨が降り出したと思えば真夏のような太陽が照りつけるなど天候がとても荒れます。
この異常気象は、テジャスが魔法を使い大気を揺さぶるせいだといわれています。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
 
タルタロスの世界には、
"魔法"と"術法"という、特殊な力が存在します。

"魔法"は、神々より伝えられた知識を通じ、
宇宙のエネルギーを理解し、使用するものです。

神々が追放された今も、伝えられた知識は記録として残り、
魔法師達はそれらから情報を得て、魔法を使用します。

人間の中には、神々から伝えられた知識に独自の発想を加え、
新たな魔法を生み出す者もいるといわれています。

そして、テジャスは人に魔法の知識を与えた神として
魔法師達にはとても有名な存在です。


"術法"は、人間が自ら生み出した力で、
神々より伝えられた知識を用いる魔法とは、
構造が大きく異なります。

その内容はとても複雑で、
無暗に使用すると、術者へ対し大きな負担が降りかかるため、
資格のある者にのみ伝授されています。

術法師は、自らの中に"理"をもっており、
修行により悟りを開くことで得た力を術法として使用します。

したがって、強力な術法を使用する際には、
自らの意識の中で集中し、瞑想する必要があります。
瞑想を行うと、無意識状態となり無防備になってしまいます。

そんな危険な状況を防ぐため、
術法師にはパルティオというパートナーが存在します。

パルティオ術法師と特別な力で結ばれており、
そのような状況下でも、意識を共有することができます。
 
 
 


 
今月のテジャスの月は、"クロモド"の誕生月となっております!!
 
 
クロモドの誕生日はテジャスの月26日
(タルタロスカレンダー10月21日 現代の10月21日)です。
"イベント"を用意していますのでぜひお楽しみに!
 

また、10月16日(木)の<アップデート>では、
クロモドの過去に纏わるサブストーリーが追加されますので、
こちらもあわせて楽しんでくださいね!!


 
 
前へ

『番外編③』第1回オフラインイベント -絆-について②

次へ

【1次結果発表】『番外編②』NPCの名前を大募集!