ホーム > お知らせ > 自由掲示板

  • カテゴリ
  • 雑談
タイトル

【サービス終了】タルタロスリバースが失敗した原因考察

作成者

-ASUNA-

日付

2017-12-24 11:33:00

閲覧数

1470

これは、なんと言っても運営が多人数型オンラインゲームをソーシャルゲームと勘違いしていたこと。

MKが運営していたときは海賊まではオンラインゲーム。

それ以降は、ソーシャルゲーム化していた。

分かりやすくいうなら狩場で、アイテムを狙うという従来のレアアイテム発掘のために狩場に篭るというゲーム性を捨てたこと。

エルテイルシップ装備も、お金さえあれば手に入ることは出来る、ただ、そこに狩場で装備を掘るという行為がなくなり、ただのレベルを上げてシナリオを見るだけのソーシャルゲームと同じゲームではなく作業と化してしまう。

そして、あらゆるアクセサリーの能力均一も、一度アクセサリーを手に入れたら掘らなくていいという悪循環に拍車をかけた。

もちろん狩場で最上級武器が出なくなったのなんて最たる例。

誰も狩場で狩りをしないんだから、接続が減りMMOというのは、人が居て初めてゲームとなりうる。

最後に、帰属制アイテムがMK運営時代と比べて多すぎた。

取引できないアイテムというのは在庫処分も出来ないわけで、使わなくなったアイテムはゴミと変わらない。これが取引できればエルテイル取引市場で経済が回っていたのかもしれない。

エルテイルシップ装備も同じ。

帰属性であったために、どんなに強化しても取引できない。

取引が出来ない装備を過剰強化する必要ない。

代わりに、もっとも重要な狩場での爽快感もなくなった。

そして、さらにユーザーは減る。

ユーザーが減れば、ゲーム内での経済は回らず、金策も面倒になり最後には、サービス終了する。

 

あと止めは、シナリオ。

1期のシナリオは無理矢理、完結させたこともあって起承転結どころか酷い有様だった。

2期のシナリオは、救済措置として誰もが1期を何とかするシナリオだと思っていたはず。

 

そして蓋を開ければ、まったく関係の無い酷い出来のシナリオ。

どれだけ酷いシナリオライターを起用すればと思わずには居られないし、運営の命令であるなら運営は、タルタロスというのはシナリオを見る人が進めていたゲームということをまったく理解していない。

 

2期スタートも1年近く待たされるというふざけた仕様。

正直言えば、小説家になろうのランカー作家にシナリオを書いてもらったほうが遥かにレベルは高いしその方が顧客がついたと思う。

今回のサービス終了にあたって、もはや運営が駄目だというのは明らかであり、誰も擁護しないから言わせてもらった。

あと昔、運営を擁護するコメント書いてた人には、版権を購入してタルタロスを運営する責任はあると思うんだよね

 

前へ

タルタロスリバース

次へ

サービス終了が決まったのに・・・